Best Skincare

スキンケア商品の役割

スキンケア商品の役割

スキンケアには、摩擦や紫外線、乾燥といった外からの刺激から肌を保護して、潤いを持続させる目的があります。
そしてスキンケア製品ごとに役割がそれぞれ違います。
クレンジングはメイクや日焼け止めなどの油溶性の汚れを落とす働きがあります。
メイクをしたまま眠ると、毛穴に詰まったメイクや汚れが炎症を起こして肌荒れの原因になります。
よってメイクをした日はクレンジングで肌環境を整える必要があります。
洗顔は、空気中のほこりや汗、皮脂など水溶性の汚れを落とします。
メイクをしなくても行う必要があり、優しく洗顔することで肌への刺激を和らげます。
化粧水はスキンケア商品の中でも、種類が豊富で様々な肌質に合わせて開発されています。
皮膚の保湿成分や美容成分を浸透させることで、美容液やクリームがより吸収しやすくなります。
水分を肌に含ませることで、潤いが次に使うスキンケア商品の効果を高めます。
美容液は、成分を凝縮することで、肌トラブルを解決する有効成分を浸透させます。
乳液は水分と油分を補給して、肌を柔らかく保ちます。
20代前半までは皮脂の分泌量が多いので、保湿美容液を使えば乳液は使いません。
クリームは、主に油分を与えるので30代後半でよく使われます。

保湿スキンケア品に多く含まれるワセリン

冬場乾燥しやすい時期は、スキンケア用品として保湿クリームを利用する方も多くおられます。
保湿クリームの中にはワセリンが含まれるものが多くあります。
このワセリンは石油由来の成分で精製度合により色も違います。
黄色ワセリン、白色ワセリンと純度が上がり、医療用で使われるものはさらに純度の高い透明なものも存在します。
一般的にスキンケア用品として販売されているものは白色ワセリンが利用されることが多いです。
このワセリンは石油由来であるため油分が多く、使い方によってはべたついたり、サンオイルのように日焼けを助長することもあります。
しかし、昔から保湿剤として利用されているため、適切な使い方をすると副作用などもかなり少なく、病院患者や赤ちゃんに対しても利用をしています。
また、保湿クリームの成分をみるとワセリン単独で利用する場合に比べて、より効能の高い有効性分や機能性をプラスした商品もたくさんあります。
例えばコラーゲンやアロエをプラスしたものなどがありますが、リップクリームなどあらゆるスキンケア用品の成分としても活躍しています。
特にワセリンは粘度が高く気温の低下によって使いにくく固まります。
そのような弱点を改善したより使いやすい商品も販売されています。

recommend

エキストラバージンオリーブオイル
http://tamana-shop.jp/
アンドモワ株式会社
http://www.tsu-ryoguchiya.com/
西鎌倉 歯科
http://www.ohtono-dc.com/

最終更新日:2017/1/13

Copyright (C) 2015 Best Skincare. All Rights Reserved.